AV女優のオーディション(営業)の完全ガイド!オファー成立までの流れを紹介

お仕事について

更新日:

AVに出演するためには、AV女優をマネジメントするプロダクションへ所属するのが一般的です。プロダクションへの所属後は、アダルトビデオの制作から販売までを行うAVメーカーへ営業します。

 

AV業界ではメーカーへの営業を『オーディション』と呼んでいます。女の子のポテンシャルが認められれば、テレビ出演も夢ではない単体女優としてデビューできるからです。

 

※AV女優の出演形態は以下の3種類に分類できます。単体女優、企画単体女優、企画女優の順番にランク付けされています。

■①単体女優

・定義:特定のメーカーと専属契約を結び、ソロでAV出演する女優

・ギャラ:50万円〜150万円/2日

■②企画単体女優

・定義:複数のメーカーと契約を結べるが、ソロでAV出演する女優

・ギャラ:15万円〜50万円/1日

■③企画女優

・定義:複数のメーカーと契約を結び、複数の女優と共演する女優

・ギャラ:5万円〜15万円/2時間〜 ※本番なしの場合:2万円〜

 

これからAV出演を検討する女性の多くは、オーディションがどのように行われるのかが気になるでしょう。そこでこの記事では、AV女優のオーディション当日の内容と、オファーが成立するまでの流れを紹介します。

AVオーディション(営業)当日の流れ

営業の前にメーカーへの売り込みに使用する宣材写真を撮影するのが一般的です。

 

弊社では都合が合えば宣材写真の撮影(※大体1時間〜2時間で終わります)が終わり次第、その日の内に営業へ向かいますが、都合がつかなければ後日、女の子の都合に合わせてスケジュールを組みます。

 

当日は担当のマネージャーと共に、山手線近郊にあるメーカーを中心に、1〜4件近く営業します。大体1件あたり1時間弱を目安に考えください。

 

AV女優のオーディション(メーカー面接)の内容

メーカーのオフィスに到着したら、打ち合わせ室かまたは専用のテーブルへ案内されます。

 

担当プロデューサーからの質問

簡単に挨拶を済ませたら、メーカー所属の担当プロデューサーからいくつか質問を受けます。

 

【主な質問内容】

  • 可能な撮影内容とNGな撮影内容について

※苦手な男性のタイプや、苦手なプレイなど

  • 性感帯
  • 経験人数
  • 過去に経験のあるハードなセックス(カーセックスや青姦など)について

NGプレイについて詳しくはこちら

 

面接でも同じような質問をされますが、女優さんがやりたくない内容の撮影が行われたら大変なので、メーカーも確認も込めてこういった質問をします。

 

質問内容に抵抗を覚える女性もいると思いますが、セックスに対してどれくらい免疫があるのかが事前にわからなければ、どのくらいのレベルの撮影ができるのかがわかりません

 

経験豊富な女性そうでない女性ではオファーできる仕事内容も異なりますし、経験人数が少ない女性には怖い思いをさせないように撮影スタッフも慎重になります。

 

働きやすい環境作りをするための質問でもあるので、理解いただけたら幸いです。

 

トップレスの写真

質問の受け答えや必要な話し合いを終えたらトップレスで写真撮影します。撮影は名前と顔を確認するために行われるので、簡易的なものをイメージしてください。

 

メーカーはプロダクションから宣材写真を渡されますが、宣材写真は女の子をなるべく綺麗に写しているため、どれくらい綺麗なのか想像できません

 

そのため確認を込めてメーカーの方でも撮影します。

 

AV女優のオーディション(営業)には必ず同伴しなければならないの?

中にはオーディション(営業)に行くことに抵抗を覚える女性もいるでしょう。営業は女優さんの意思によるものなので、マネージャーとメーカー間だけで行うことも可能です。

 

抵抗のある女性はマネージャーに任せて問題ありませんが、営業に同伴した方が好条件のオファーがもらえやすくなります

 

メーカーにとって女優さんの姿を生で見た方が、どのようなAVが出来上がるのか想像しやすいですし、何より直接、顔を見せてくれた方が好印象です。

 

AVメーカーへの営業からオファー成立までの流れ

営業が終わったら全てが終わりではありません。

 

ギャラ・仕事内容の交渉(3日〜1ヶ月)

オーディションから数日〜数週間以内に、メーカーから担当マネージャーへ連絡が来ます。

 

この連絡では、オーディションを受けた女優さんの仕事内容について可能なものとNGなものを聞かれることが多いです。

 

メーカーには事前に採用時に記載してもらった面接用紙(※1)を共有してますが、もう少しハードな撮影もできないか打診(※2)されることもあります。

撮影内容の幅が広い方が、売上が見込めますし撮影しやすいからです。

 

  • ※1 面接用紙には女優さんが、可能な撮影内容とNGな撮影内容について記載してもらいます。
  • ※2 女優さんが苦手な内容を強要することはありません。随時、確認した上で苦手なプレイについてはメーカーへお断りします。

 

撮影内容や女優さんの容姿レベルを元に、メーカーと出演料の交渉をします。

 

女の子への確認

出演料の交渉がまとまったら女優さんに確認の連絡をします。

 

出演料、仕事内容、スケジュールの内容を踏まえ、承諾するかどうかは女優さんにお任せしますが、承諾いただければオーディションは終了です。

※オーディションは1回きりではありません。女優さんが継続する意思があれば、オファーが途絶えたタイミングで再度、オーディションを受けることは可能です。

 

↓実際あったメール内容↓

お疲れ様です。ご連絡が遅くなり申し訳ありません。お仕事の件ですが、色々と厳選した結果1件良さそうなお仕事がありましたので提案させていただきます。

※良さそうというのはギャラとリスク回避の事も考えてのメーカーさんの選択となります。

 

まだ完全な内容等がでておらず大体の内容をお伝えさせていただきます。

10月の土曜日の空いてるスケジュールで撮れればと思います。拘束時間が12〜13時間程となる撮影となります。

 

本絡み数が2回になるかと思います。本絡み(男優がゴムを付けた状態での前戯から挿入して発射まで)、他疑似絡みが2回ある撮影になるかと思います。疑似絡み(挿入はせず入れてるフリをしてセックスしてるような感じです)

撮影は金曜日の最終付近で来ていただき、日曜日中には帰宅できるような形となります。

 

ギャラの方は税込の16万6千円(源泉所得税10%引かせていただき手取りで15万)となるのですが、いかがでしょうか?

メーカー自体はうちのプロダクションと付き合いが長く仲の良い会社さんとなるので、内容の融通等もきかせられますのでご安心下さい。

 

撮影スタッフも新人という事で気づかいはしてくれるかと思います。ご確認いただきましてご返信いただければ幸いです。

分からない事等はなんでも聞いていただければと思いますので宜しくお願いいたします。

↑弊社の担当マネージャーが所属タレントに送った確認メールを転載したものになります。

 

意思確認書類を作成する

参考:出演意思確認書

出演が決まったら出演意思確認書を作成します。作成したら撮影に向けて準備をします。

撮影当日の流れはこちら

 

AV女優が少しでも良い条件でオーディション合格するには?

少しでも条件の良いオファーを受けるためには、営業力の強いプロダクションを選ぶことと、オーディションでメーカーへ好印象を与えるような振る舞いをすることが大切です。

プロダクションの選び方、好条件をもらうためのオーディションの受け方について以下の記事を参考にしてください。

 

プロダクションの選び方

好条件オファーを受けるための営業のコツ

  • この記事を書いた人

ユウリ

【アナザープロ webマーケティング・ライティング担当】 1990年、神奈川県横浜市生まれ。青山学院大学 物理数理学科 卒業。主に法律、脱毛、金融のメディアのライティング・運用を経て、アナザープロのwebマーケティング担当に至る。

-お仕事について

Copyright© Another Pro , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

体験撮影可、募集地域 (北海道〜沖縄まで)

高ギャラ(30万円〜/日)
容姿基準 低
顔バレリスク 低
絡み 無し