AVのプレイは嘘ばっかり?視聴者を騙す撮影上のテクニック

撮影の裏側

更新日:

現実のセックスとAVのセックスにギャップを感じる男性は少なくありませんが、AVの世界はフィクション、つまりほとんどがです。

撮影では視聴者にAVが嘘だと気付かれないための工夫がなされていますが、本記事では、この疑似と、AVにおけるセックスがどうして嘘ばかりなのかを説明していきます。

 

撮影の裏側について気になる方はこちら》

 

撮影現場から見るAVの嘘を暴露します!

AVの撮影現場で、嘘だと気付かれないために、どのような工夫がなされているのかを紹介します!

 

挿入シーン

挿入はAVの中でも一番見せ場ですが、アダルトビデオがこの世に誕生したばかりの頃は、入れているフリ(擬似本番)が主流でした。

モザイクの技術が進化すると共に擬似本番でごまかししづらくなったため、ガチで本番するようになりました。

本番の撮影の裏側についてこちら

 

中出しAVの射精シーン

擬似精液の作り方

中出しシーンの撮影の多くは、卵白、ミルク、バナナを原料に作った擬似性液が使用されます。男優さんの性器に、取り付けられた発射専用のチューブから疑似精子が発射されるため、リアルに中出ししません。

【関連記事】:AV女優が中だしの撮影で妊娠しない理由を裏付ける撮影の裏話

 

生本番

コンドーム

『生本番〜』がタイトルのAVでは、コンドームを着用する撮影現場が多いようです。モザイクの上からコンドームの着用を確認することが難しいからです。

しかし、近年ではモザイクの性能が上がってきているため、コンドームなしの撮影も増えてきています。

【関連記事】:AV女優は生でプレイしているの?生中出しにおける撮影方法

 

放尿プレイ(おしっこ)やスカトロ

放尿プレイの撮影の多くは、お茶とジャスミン茶を原料に作られた液体でおしっこを演出します。本物のおしっこを撮る場合には、撮影前日に女優さんは多めに水分を摂取するようです。

 

スカトロの裏側

また、うんこを撮影するときには、八丁味噌やピーナッツを原料に嘘のうんこを作ります。

【関連記事】「AVの擬似演出を大暴露|本物に見せるための丸秘ワザまとめ

 

フェラの音 

フェラの音の作り方

AVの視聴者は、映像や音声だけを頼りに楽しむため、AVの撮影では、女優さんに喘ぎ声や表情など大げさにリアクションしてもらいます。

特にフェラを撮影するときは、ュボジュボと音を立てることでフェラの気持ち良さを表現します。

 

レイプ系AV

AV女優は、プロダクションに所属する前や撮影をする前に、やりたくないプレイ(NG項目)について担当者から質問されます

女優さんの意思に反した形で撮影が行われると、強姦罪などの刑法に該当するリスクがあるからです。

 

コンプライアンスを重視するプロダクション、メーカーであれば、NG項目に関するヒアリングは必ず行っているので、レイプ系のAVがガチで撮影されることなく、あくまで演出の一貫で撮影が行われています。

もし、ガチで撮影するメーカーがあれば、逮捕されているでしょう。

 

マッサージ系のAV

マッサージを受けに来た素人女性をハメ撮りする系のAVは、ほぼヤラセでしょう。事前に、出演する女性や企画の内容が組まれているからです。

 

 

AVのプレイは気持ち良くない?なぜならAV女優の喘ぎ声は嘘だから!

セックスに慣れていない男性は、AVで得た情報を元に女性とセックスをしますが、AVで見たプレイをリアルな女性に受け入れられるとは限りません。

 

実際に感じている以上に声を出している

視聴者に伝えるために、AV女優は、実際に感じている以上に、大げさなリアクションをして感じているフリをしなければなりません。

 

見た目のインパクトに反して、潮吹きは気持ち良くない!

潮吹いている姿を見ると女性は感じていると思われるでしょう。AVでは、女優さんが感じている姿を視覚的に分かりやすく伝えるために潮吹きをしますが、実際にはそんなに気持ち良くないそうです。

 

ハードなプレイはリアルな女性には好まれない

顔射、口内発射、中出しなどハードなプレイは、男性を喜ばせるための演出であり、一般女性は好まないでしょう。そのため、プライベートのセックスに、この手のプレイを取り入れるのは危険です。

関連記事:AV撮影中は気持ちいい?|AVの快感に関する取材まとめ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。AVの世界はフィクションであり、嘘を本当に思わせるためのエンターテイメントとです。女性の中には、AVの撮影に不安を感じる方も少なくないと思いますが、不安な方はお気軽にお問い合わせください。

  • この記事を書いた人

ユウリ

【アナザープロ webマーケティング・ライティング担当】 1990年、神奈川県横浜市生まれ。青山学院大学 物理数理学科 卒業。主に法律、脱毛、金融のメディアのライティング・運用を経て、アナザープロのwebマーケティング担当に至る。

-撮影の裏側

Copyright© Another Pro , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

体験撮影可、募集地域 (北海道〜沖縄まで)

高ギャラ(30万円〜/日)
容姿基準 低
顔バレリスク 低
絡み 無し