AV女優がブスでも売れる理由|男にヤりたいと思わせるプロデュース術

予習事項

更新日:

昔と比べてタレント同様に可愛い子が増えたと言われているAV業界で、ブスが活躍することは可能なのでしょうか。

実際のところ、すべてのAV女優が顔立ちが整っているわけではありません。メイクで可愛いく見せている女優さんもいれば、整形で可愛いくなる女優さんもいます。

 

もちろん可愛いに越したことはなく、ブスがハンデを背負っているのは事実です。しかし、ブスだからといってAV女優になることを諦める必要はありません。

今回の記事では、ブスがAV女優になるために必要なことについてまとめてみました。

 

AV女優はブスでもなることは可能な理由

ブスがAV女優になれるのかという質問に対する回答は、AV女優として活躍しているブスはたくさんいるため可能です。どうしてブスがAV女優になれるのかその理由について迫っていきます。

 

メイクで化けることができるから

まず、昔と比べるとメイクの技術は格段と上がってきました。久々に同級生と再会して、「学生時代はパッとしなかったあの子が可愛くなった」と思う経験をした方は多いのではないでしょうか。

現代は、ひと昔前ではブスと呼ばれていた女性が、可愛く変身することができる時代です。

 

AVの撮影ではプロのメイクさんが付いているため、普段のメイクとは比べものにならないくらい綺麗に仕上げてくれる上に、現実世界と違いビデオの中ではすっぴんを晒す必要はありません。

ベストな状態でカメラの前に映ることができるので、ブスの女性でも可愛く見せることは可能なのです。

 

パッケージ技術でごまかせる

もちろん、メイクをしても可愛くならない女性もいますが、プロダクション、撮影スタッフの仕事は、女優さん一人一人を最大限に可愛いく見せることであることを忘れてはいけません。

視聴者は、パッケージ上の写真を元に買うかどうかの判断をしますが、修正加工が行われた写真がパッケージには使用されます

 

何枚も撮った写真の中から一番、写りがいいものが使われるため、ブスな女性でもパッケージ上は可愛く見えるのです。

 

トップクラスの女優になるのは難しい

しかし、ブスな女性は、トップクラスのAVタレントになることは難しいでしょう。万人ウケするのためにはある程度の容姿が必要だからです。

人気女優、単体女優になるためには大手プロダクションに所属するのがいいと言われていますが、大手プロダクションほど顔やスタイルで不採用にする傾向にあります。

 

ブスがAVで活躍するために必要なこと

ブスがAV業界で活躍するためにはどういったことが必要なのでしょうか。

 

平均的な企画単体女優・企画女優であればブスでもなれる

まずブスは、ある程度の容姿が期待される単体作品に出演することは難しいと思います。しかし、複数の女優さんが出演する企画系の作品に出演することは可能です。

 

容姿や年齢を理由に足切りされることはなく、自分の持ち味を活かして働くこともできます。

 

明るく愛想良く振る舞って雰囲気美人になる

しかし、女性はちやほやされたい生き物です。ブスでもAV女優として注目を集めたいと思う女性も少なくありません。そう言った女性は、雰囲気だけでも美人に見せるのが近道だと思います。

人は印象で判断する生き物です。明るく振舞っていれば、それだけではた目から爽やかで華のある印象を当てることができます。

 

容姿が整っていなくてもモテる女性は多く、それはAV女優でも同様です。

 

やる気を買ってもらう

人は好印象な相手に仕事を振りたいと思います。AV業界でも同様で、メーカーやプロダクションに気に入られることは大切です。

やる気を買ってもらう意味でも、メーカーへ営業に行く際は、スタッフに同伴するとメーカーからの印象は良くなるでしょう。

 

事前にファンを作っておく

女優さんが単体系の作品に出演する際には、大々的に広告を打ちます。これは無名の女優さんを世に売り出すためです。

撮影費から広告費など、販売までにコストがかかっていますが、その全ての費用を回収することが見込めない女優さんにはメーカーは出資しません。

 

ブスな女優さんには下手なリスクは打ちたくないのがメーカー側の本音で、ブスな女性が単体としてデビューするのが難しい理由です。

しかし、元芸能人などそれなりの知名度がある女優さんであれば、広告にお金をかけなくてもある程度の売上が見込めます。

 

現代は、SNSなどのツールを介して、ファンを作るのが容易な時代であり、デビュー前から一定のファンを囲っていれば、単体としてデビューすることは不可能ではありません。

 

ハードプレイを始めとする作品の内容で勝負

AV女優に求められる要素は容姿だけではありません。AVの視聴者は、女優さんが徐々にハードなプレイを解禁していく様を見たいと思うものです。

長く売れ続ける女優さんは、徐々にプレイ内容がハードになっていきますが、NGプレイが少ない女優さんが重宝されます。

 

そのため、他の女優さんがNGに設定するプレイを解禁することができる女優さんであれば、ブスでも単体作品にデビューすることができるかもしれません。

 

一般的には、

  • 複数人プレイ
  • ごっくん・ぶっかけ
  • 潮吹きプレイ
  • ドMプレイ

などのプレイをNGに設定するAV女優が多いです。NGプレイについて詳しくは以下のリンクを参考にしてください。

 

スタイルの良さでAVに出演する

容姿が悪くても、スタイルがいい女性は沢山います。芸能人と違い、AV女優は裸をカメラに映す職業です。そのためスタイルの良さはこの業界では武器になります。

そのためブスな女性でもスタイル一つでAVで活躍すること可能です。ではどのようなスタイルがAVでは好まれるのでしょうか。

 

巨乳

まず。王道なジャンルですが、巨乳はAVの世界では人気のジャンルです。やはり男性の多くは巨乳を好みます。パイズリなど巨乳の女優さんだからこそできるプレイがあり、プレイのバリュエーションを広げる上で巨乳は最適です。

 

美脚

美脚好きの男性も少なくありません。レースクイーン物の作品など美脚な女優さんはキャスティングされやすいでしょう。なお、美脚を利用してバニーガールのコスプレ系の作品に出演することも可能です。

 

高身長

高身長をコンプレックスに感じる女性は多いでしょう。しかし、高身長の女優さんは数に限りがあるため、AVの世界では重宝されます。175センチ以上の女優さんでないとキャスティングされない作品があるくらいです。

 

マニア路線のAVに出演する

容姿の好みは千差万別であり、ブスや太った女性を好む男性は一定の割合で存在します。その種の男性をターゲットにすればブスでもAV女優として活躍することは可能です。

 

ブス専AV

もちろんブス専のAVは、割合でいったらニッチな分野でしょう。しかし、AVの視聴者の5%がブス専を好んでいるとした場合、男性の全人口5000万人に対して250万人のファンがいるということになります。

 

デブ専AV

ブス専同様に、デブ専のAVもニッチな分野になりますが、根強いファンが多いジャンルです。ブス専の場合、ぽっちゃり系より思いっきり太っている女優さんが好まれる傾向にあります。

 

整形・豊胸手術でカバーする

整形手術して売れる女優さんは、「整形して可愛く見える女性」です。整形する部位にも寄りますが、部分的に整形するだけで可愛く見えるのであれば、整形費用もそんなにかかりません。

「目が二重だったら可愛いく見えたのに…」、「口元のせいで損している…」、「他のパーツは良いけど鼻の形で損している…」など部分的には可愛いのに、部分的には不細工な女性は沢山います。

 

少しの整形で可愛く見える女性であれば、プロダクションやメーカーは整形費用を負担してくれる可能性は高いです。整形することで可愛くなれれば、ブスでも売れることができます!

 

自分を活かしてくれるプロダクションに所属する

プロダクションによって得意とするジャンルや扱っている女優さんの年齢層は異なります。まずは、自分のジャンルに合ったプロダクションに所属することが大切です。

当プロダクションでは、若い世代の女優さんはもちろんですが、40代〜60代の女優さんを対象とした仕事の数には定評があります。

 

年齢や容姿に不安がある方は、ぜひ当プロダクションにご連絡ください。

 

クラウドファンディングでデビューする

クラウドファンディングを使ってAVを企画すれば、自分が主演のAVを作れます。

また自身で企画すれば余った資金は自身の取り分になるので、資金調達や人件費を抑えることが上手くできれば、効率良く稼げます。

 

詳しくはこちら

 

ブスからスターになったAV女優の話

続いて、関係者から、ブスだけど売れているAV女優のお話を紹介します。

 

実はブスではなかったAさん

Aさん、清純可愛い系
学生時代、イジメに遭っていて友達がいなかったAさん。陰鬱でどんよりした見た目だったので、男性から声をかけられることもありませんでした。何とか自分に自信をつけたくてAVに応募したところ、プロダクションからは「この子は売れる!」と言われ、メーカーへ大々的に売り込みに行きました。

実は、Aさんは、自分を可愛く見せる方法を知らなかっただけだったのです。「パッと見は暗いけど元の素材が良いから、髪型や服装さえしっかり抑えれば可愛くなる!」とAさんの担当者は話しています。可愛くない女性でも、雰囲気や服装で可愛く見える女性はいますが、Aさんの場合はその逆で、元が可愛いのに、雰囲気や服装で損をしていたのです。

プロダクション推しだった、Aさんは、晴れてメーカーと単体で契約を結ぶことができました。

 

ギャル系女優で売れたBさん

Bさん、ギャル系
Bさんは、Aさんとは対照的に、元の容姿レベルは高くありませんでした。バストも小さかったのですが、スレンダーな身体つきを見て、担当スタッフはギャル路線でいけば売れると思ったそうです。

ギャル系のAV女優が売れるためには、ユーザーへ「やりたいと思わせる」ことが必要だと、当時の担当者は話しています。

ギャル系路線で売れば、多少濃い化粧でも問題ありません。肌を褐色に日焼けさせることで、スレンダーな身体つきを、よりエロく見せることができたため、Bさんは企画単体女優として売れました。

 

整形手術をしたCさん

Cさん、正統派美人系
Cさんのコンプレックスは目元でした。瞼の脂肪に厚みがありパッとしない顔立ちだったCさんですが、顔のパーツの配置間は良かったため、目頭切開をすれば美人になるとプロダクション側は判断しました。

整形手術後、単体女優としてデビューをしましたが、契約は更新せずそのまま引退しました。

 

幸せになるコツはあなたらしい生き方を見つけること!

AVに出ることが、ブスの女性にとって幸せになる解決策になるとは限りません。幸せになるためには、自分を認めてあげることが大切だからです。

 

オシャレを我慢しない!

女性なら誰しも「綺麗に見せたい」願望があります。まずは、自分の女として見られたい欲求を解放するためにも、オシャレを入れましょう。

自分の好みのファッションにすることも心を解放させる意味では必要ですが、周りからチヤホヤされるためには、自分に似合うファッションを心がけるべきです。

オシャレな格好にするためには、ネットや雑誌などで、ぽっちゃり芸人のオシャレ術を参考にすることをオススメにします。

参考:「ぽっちゃり女性に人気のファッションブランド17選

また、行きつけの美容師さんに質問するのもありです。

 

没頭できる趣味を見つける

自分を解放させるために、没頭できる趣味を見つけてください。落ち込んだ時に、好きなことに没頭すれば、ツライことも忘れられるからです。

知り合いのAVタレントさんは、合間を縫って、ビーズアクセサリーを作っています。

参考:「[ビーズ] All About|ビーズアクセサリーの作り方などを紹介

 

趣味の合う友達を見つける

そして、趣味の合う友人を見つけましょう。気の合う友人であるほど、些細なことも話しやすかったりするからです。楽しい事はシェアすることで楽しさは2倍になりますし、ツライことを聞いてもらえれば、悲しさは半減します。

SNSを利用して、イベントなどに参加するのも良いでしょう。

 

とにかく明るく振る舞う

周りの友達には、とにかく明るく振る舞うよう心がけてください。笑顔を振りまけば、周りを幸せにすることができるので、結果的に自分も幸せな気持ちになれるからです。

 

まとめ

近頃のAV女優は可愛い子が増えたとはいえ、幅広いジャンルがあるので、ブスな女性だからといって仕事がないわけではありません。

また、AVに出演することが必ずしも幸せになる解決策とは限らないので、容姿が原因で自分に自信が持てない女性は、今一度、自分の幸せについて考えていただけたらと思います。

「自信はAV女優が向いているのか」、「容姿に自信がなくてAV女優に応募することを躊躇っている」など不安に感じる方は、お気軽に相談していただけたら幸いです。

  • この記事を書いた人

ユウリ

【アナザープロ webマーケティング・ライティング担当】 1990年、神奈川県横浜市生まれ。青山学院大学 物理数理学科 卒業。主に法律、脱毛、金融のメディアのライティング・運用を経て、アナザープロのwebマーケティング担当に至る。

-予習事項

Copyright© Another Pro , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

体験撮影可、募集地域 (北海道〜沖縄まで)

高ギャラ(30万円〜/日)
容姿基準 低
顔バレリスク 低
絡み 無し