Netflix全裸監督 第1、2話 AV業界が解説|業界の起源、モザイク規制

全裸監督

更新日:

画像引用:NETFLIX
Netflixで大ヒットを記録した全裸監督。村西とおるを介してアダルトビデオ(AV)業界の黎明期を描いた当ドラマについて気になった点を、AVプロダクション側の目線で解説していきたいと思います。

このページでは第一話(裏の世界)、第二話(無修正)の解説になります。あらすじ(概要)を話した上で、解説にはいらせていただきます。
↓動画解説はこちら

 

全裸監督の第一話、第二話のあらすじ

舞台は1980年の札幌。

英語教材を販売する会社で働く村西は、トップの営業成績を誇っていました。

妻子と母親と暮らしておりましたが、ある日、会社の金庫からお金が盗まれ、給料が支払わなくなってしまい、さらに妻の浮気現場を目撃してしまいます。

 

自暴自棄になっていたところ、後のパートナーになる不良の荒井トシと出会います。

彼に誘われるまま、ラブホテルで隣部屋のカップルの喘ぎ声を盗聴し、その録音物をビデオ屋で販売したら、6万円の売上になりました。

そのことをきっかけに性欲を売りたいと思った村西は、ビニ本(ビニールで隠すことでエロを期待させる本)を販売することを決め、北大神田書店を開店します。

グループ店舗を拡大していく内に、警察からの監視は厳しくなりますが、ぼかしのない無修正のビニ本の作成を始めます。

 

どこの出版社も取り合ってくれない中、川田編集の川田研二と共同で、印刷所を買い取り、暴力団員の古谷と共に、無修正本を流通させることに成功します。

賄賂を駆使し、警察からの検問の目をくぐり抜け、事業を拡大しますが、警察から印刷所ごと検挙されてしまいます。

 

AVプロダクションによる全裸監督の第1話、2話の解説

第一話、第二話の段階では、アダルトビデオに関する話はありませんでした。村西とおる自身が、アダルトビデオの制作に興味を持つきっかけとなった背景として、妻の浮気やラブホテルにおける盗撮、ビニ本の販売などがエピソードとして語られています。

 

AV業界の始まりについて

この点について、そもそもアダルトビデオの文化はどのように始まり、定着していったのかを、アナザープロモーションの松本にお伺いしました。

吉池
そもそも、アダルトビデオの始まりはどんな感じだったのですか?
昔は、アダルトビデオの代わりにロマンポルノ、いわゆるピンク映画がアダルトビデオの役割を担ってたんだ
松本
吉池
なるほど。
VHS(家庭用ビデオ)の開発をきっかけに、ポルノ業界やビニ本などを扱っていた業界が、そのままアダルトビデオの制作に移行したんだと思う。一節によるとアダルトビデオを見るためにVHSが家庭に普及したとも言われている
松本

 

モザイクの規制について

全裸監督の第一話、第二話では、ビニ本を販売する上で局部の『ぼかし』が問題となってました。

ビニ本に限らず、アダルトビデオに関しても「わいせつ物頒布等の罪」に抵触する可能性があるので、「ぼかし」を入れなければなりません。

しかし「ぼかし」の在り方は、時代によって変わってきております。

吉池
アダルトビデオのぼかしは、昔と今でどのような違いがありますか?
そもそもアダルトビデオにはレンタルビデオと、レンタルでは使用されない販売専用のセルビデオの2つがあったんだ。制作会社(メーカー)もレンタル専用のメーカー、販売専用のメーカーに分かれていて、セルビデオと比べてレンタルビデオの方が、ぼかしの濃いと言われていた
松本
吉池
知らなかったです
具体的には、レンタル部分では局部、アナルの双方にぼかしが入っていたが、セルビデオには局部だけで、アナルにはぼかしが入っていなかった。これはレンタルメーカーの審査団体が日本ビデオ倫理協会(現:日本映像倫理審査機構)に対して、セルメーカーの審査団体が自主団体であり、両者が制定するぼかしの基準が違ったからだと言われている。

ちなみに新人女優の多くは、レンタルメーカーからデビューして、レンタルとの契約が切れると、セルメーカーからセル解禁という形で再デビューするのが定番だったんだ。

松本

追記ですが、審査機関は、「わいせつ物頒布等の罪」に該当するかどうかを元にリーガルチェックを行います。

《引用》

わいせつな文書、図画、電磁的記録に係る記録媒体その他の物を頒布し、又は公然と陳列した者は、二年以下の懲役若しくは二百五十万円以下の罰金若しくは科料に処し、又は懲役及び罰金を併科する。電気通信の送信によりわいせつな電磁的記録その他の記録を頒布した者も、同様とする。

 

2.有償で頒布する目的で、前項の物を所持し、又は同項の電磁的記録を保管した者も、同項と同様とする。

引用:刑法175条

AV業界と法律の関係性について詳しくはこちら

 

 

  • この記事を書いた人

ユウリ

【アナザープロ webマーケティング・ライティング担当】 1990年、神奈川県横浜市生まれ。青山学院大学 物理数理学科 卒業。主に法律、脱毛、金融のメディアのライティング・運用を経て、アナザープロのwebマーケティング担当に至る。

-全裸監督

Copyright© Another Promotion , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

体験撮影可、募集地域 (北海道〜沖縄まで)

高ギャラ(30万円〜/日)
容姿基準 低
顔バレリスク 低
絡み 無し