AV女優の家庭環境、過去のリアル?育ちが悪い女性がやっぱり多いの?

お金と生活

投稿日:

AV女優の家庭環境と聞くと、家庭内暴力や離婚などハードなものを想像されると思います。実際のところ悪い家庭環境で育った女性もいれば、一般家庭で育つ女性もいるので、千差万別です。

 

一昔前はどっちかで言えば、家庭環境がハードな女性がAV女優になる傾向が強かったと思いますが、近頃はむしろ育ちが良いAV女優も増えております。

一般家庭で育ったAV女優の家庭環境や過去の特徴

では一般家庭で育ったAV女優の家庭環境はどのようなものだったのでしょうか?

親が無関心、干渉してこなかった

親からの干渉が少なかった家庭で育った女性が多い印象があります。

弊社に所属していた女優さんに、子供の頃は親が仕事で忙しかったため、鍵っ子であまり構ってもらえなかったと言う話を聞いたことがあり、その女優さんは他の女性と比べて自立心が強かったです。

 

親との関わりが強いとどうしてもAVに出演することについて、親へ後ろめたさを感じるものですが、自立した環境で育つと、そう言った感情が芽生えないので、出演へのハードルが下がるのかもしれません。

箱入り娘で育てられた

箱入り娘として育てられた女性も多いと思います。門限やしつけが厳しい環境で育つと、親元を離れると同時に羽目を外すようになります。

 

箱入り娘として育った女性の中には、キャバクラや風俗、AVと夜の世界にはまってしまう女性は少なくありません。

駅から遠い田舎で育った

田舎に行くほど交通の便が悪い上に、若者は少なく、遊ぶ場所もあまりありません。地元で大切に育てられてきた反面、若い人の多くは東京への憧れを抱くものです。

 

上京して東京の遊びを覚え、田舎では体験できなかったことをするため、AVデビューする女性も中にはいました。

家庭環境の悪いAV女優の育った環境とは?

続いて悪い家庭環境で育ったAV女優の生い立ちを確認していきましょう。

親が水商売、風俗の家庭だった

なんだかんだ母親が水商売や風俗で働いていたり、実家がスナックだった家庭の女性は多いです。やはり親が夜の世界で働いていると、AV出演のハードルは下がると思います。

 

元人気AV女優の麻美ゆまの実家は、スナックを運営していたそうです。

シングルマザーの家庭だった

AV女優の中には、片親で育てられた女性も少なくありません。父親の存在を知らないため一般の女性と比べ余計な罪悪感を感じる必要がないからです。

また家族を楽にさせてあげたいという思いからAVへ出演する、貧困家庭で育った女性もいます。

 

大体、兄弟、姉妹のいる家庭で育った長女の場合が多いです。

家庭内暴力、喧嘩が絶えなかった

家庭内暴力や、両親の喧嘩が絶えない、ハードな環境で育った女性もいます。ハードな環境で育った女性は、自分がしっかりしなければという思いが強くなり、早く自立したいという気持ちから、AVや風俗のような夜の世界へ足を踏み入れてしまうことがあります。

参考:「「オンナ」を最大限生かす職業の影|幻冬舎plus

 

  • この記事を書いた人

ユウリ

【アナザープロ webマーケティング・ライティング担当】 1990年、神奈川県横浜市生まれ。青山学院大学 物理数理学科 卒業。主に法律、脱毛、金融のメディアのライティング・運用を経て、アナザープロのwebマーケティング担当に至る。

-お金と生活

Copyright© Another Pro , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.