AV女優が精神を病む原因と、AV女優に必要なメンタルケア

病気

更新日:

AV女優にメンヘラ(=精神が病んでいる人)が多いと言われています。日頃、身体を張っているため、精神を病むAV女優は少なくありません。

 

この記事では、AV女優がどのような精神的トラブルを抱えているのか、また精神的トラブルを抱えないために必要なことを紹介します。

AV女優と自殺の関係について
 

AV女優が精神を病む原因

そもそもどのようなことが原因で、AV女優は精神が病むのでしょうか?

 

世間から後ろ指をさされるから

AV女優はカメラの前で裸体をさらしたり、人一倍、身体を張らなければなりません。

 

ですが、恥ずかしい気持ちを抑えながらカメラに向かっているのに関わらず、世間から厳しいバッシングを受けることが多々有ります。

恥ずかしいことをしている後ろめたさや、世間から後ろ指を指されることに心を病むAV女優は少なくありません。

 

家族への秘密が重圧になっているから

多くのAV女優が、家族や友達に内緒で活動しています。特に親は、娘がAV女優であることを快く思わないでしょう。大切な人に嘘をついている罪悪感から心を病むAV女優は多いです。

 

精神を病んだAV女優はどうなるの?

ストレスを何かで発散しなければなりません。疲れってきた心を放置していると最悪、自殺するリスクがあるからです。AV女優も同様に、ストレスの発散が求められますが、中にはうまく発散できない女優もいます。

 

そういった女優さんの多くは、精神を病み、何かに依存する傾向にあります。

 

自傷行為をする

中には、リストカットなどの自傷行為をするAV女優もいます。自傷行為の多くは、ストレスのはけ口が自分を傷つける以外に見つからないために行います。

 

しかし自傷行為がエスカレートすると、自殺に繋がることもあります。

 

浪費グセが激しくなる

新作バッグに新作コスメなど、「欲しい!」と思ったものにどんどん手を出していき、知らぬ間に買い物依存症になるAV女優は少なくありません。

AV女優は手渡しで高収入がもらえるため、ストレス発散のために買い物依存症になりやすいのです。

 

ホストクラブにはまる

ホストは女の子の心の隙間を埋めて楽しい時間を提供するプロです。

特に、寂しがり屋な女の子、身近に悩みを相談できる友達がいない女の子、イケメン好きな女の子はホストにハマりやすく、中にはAVで稼いだお金をホストにつぎ込むAV女優もいます。

 

アルコール依存症になる

AVに限りませんが、ストレスをお酒にぶつけてしまう女優は少なくありません。アルコール依存症は肝硬変や肝臓がんなど、思いもよらぬ病気を引き起こすリスクがあります。

 

整形が止まらなくなる

AV女優は、美容に気をつけなければならないお仕事です。

そのため、本来、整形はウン十万~何百万と大金がかかりますが、金銭感覚が麻痺し、美の追求にお金の糸目をつけなくなる女優さんも中にはいます。

 

もちろん、整形自体は悪いことではありませんが、怖いのは『まだ物足りない』と感じて依存してしまうことです。

 

精神が病まないためにAV女優はどうすれば良いの?

AV女優が、精神を病まないために必要なことを紹介します。

 

好きなことはガマンしない

精神が病まないためには、自分の好きなことを我慢せずにしっかりとガス抜きが必要です。もちろんショッピングやアルコールなど行き過ぎは危険ですので、やりすぎない範囲で定期的に発散するようにしましょう。

 

友達や彼氏に話を聞いてもらう

友達や彼氏に、日頃の愚痴など自分の話を聞いてもらうと、ストレス発散に繋がるので、定期的に友達や彼氏とコミュニケーションをとるようにしましょう。

 

仕事のことは同業者へ相談する

しかし、AVの仕事については彼氏や友達には相談しづらいと思うので、AVに関わる悩みは同業者へ相談するようにしましょう。

 

起きたらすぐ太陽の光を浴びる

リストカットを止めるためには、心が沈まないための生活習慣が必要です。メンタルを安定させるためにも、朝起きたら手のひらで太陽の光を浴びる習慣をつけましょう。

 

セロトニンが吸収されることで、自律神経が整いストレスに強くなります

 

早寝早起きをする

夜遅くまで起きていると、暗い方向にばかり考えるものです。ネガティブな考えに陥らないために早寝早起きの習慣をつけましょう。

 

しかし、夜型の人は寝つきの悪い人が多いと思うので早起きから実践しましょう。自然と寝る時間も早くなっていきます

 

共有できる趣味を見つける

人と共有できる趣味を見つけるのも良いでしょう。外に出る機会が増えますし、長続きしない人でも同じ趣味を持っている人がいると長続きするものです。

 

FacebookのようなSNSやアプリでイベントなどに参加してみると良いでしょう。

 

精神が病んでいたつらい方へ

AVのお仕事で、精神的につらい思いをしている女性は、AVのお仕事を無理に続けず、心療内科や精神科、またはカウンセラーなどしかるべき専門家へ相談しましょう。

  • この記事を書いた人

ユウリ

【アナザープロ webマーケティング・ライティング担当】 1990年、神奈川県横浜市生まれ。青山学院大学 物理数理学科 卒業。主に法律、脱毛、金融のメディアのライティング・運用を経て、アナザープロのwebマーケティング担当に至る。

-病気

Copyright© Another Promotion , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

体験撮影可、募集地域 (北海道〜沖縄まで)

高ギャラ(30万円〜/日)
容姿基準 低
顔バレリスク 低
絡み 無し