AVで後悔した事例9選【顔バレ対策したい方必見】

撮影の裏側

更新日:

AVへの出演は一世一代の決心とも言えますが、出演して良かったと思う女の子もいれば、後悔したという女の子もいます。

後悔する理由として、「顔バレしてしまった」、「給料が思ったより高くなかった」、「過去を消すことができない」、「やりたくない仕事をやらされた」などがあります。

当コラムでは、少しでもAV出演により後悔する女性を減らすために、出演作を削除するために必要なこと、顔バレのリスクを減らすコツや、もしもの時の相談先を紹介します。

AVに出演して後悔した事例6選

どのような決断であっても、大きな決断であればあるほど「やっぱりやめておけば良かった・・・」と後悔する確率も高くなるものです。

AV出演の場合は、どのような点で後悔している女の子が多いのでしょうか?ここではランキング形式でご紹介します。

 

顔バレにより家族または周囲と険悪になった

「AV出演の事実が、周囲の人間にバレてしまった・・・」

顔バレ、身バレは多くのAV出演者が避けたい事態です。

  • 職場で居づらくなった
  • 夫(彼氏)との仲が険悪になった
  • 親に勘当された
  • 友達関係がギクシャクした

などなど、顔バレ、身バレによる社会的デメリットはあげたらキリがありません。しかし、年間2,000~3,000人ものAV女優がデビューしていて、顔バレする女優さんは一握りだと言われています。

顔バレしないと言い切ることはできませんが、知名度に比例してバレる確率が高くなると思ってください。

 

世に出回った出演作は完璧に削除できない・・・

近年、ネット上でもAVは販売されますが、一度、世に出回ったAVは回収できません。もちろん数あるAVの中から、目立つAVは一握りですが、AV女優から足を洗った女性が、しばらくして消さない過去に、苦しんでいる話を耳にします。

 

出演作を削除する方法について詳しくはこちら

 

AVの仕事だと知らされていなかった

中には、顔バレしないと言われてAVに出演したものの、大々的にプロモーションかけられた女優さんもいるそうです。

また、「面接で初めてAVの仕事だと知らされた」、「出演を拒んだら違約金を請求された」などの、出演被害を訴える女性の声もあります。

 

思ったより稼げなかった

「もっと稼げるかと思ったのに…」という後悔の声も多く耳にします。撮影前の契約の段階で事務所側とお給料の話をよくしていれば、このような後悔も防げたかもしれません。

以前とくらべるとAVの出演料の単価はどんどん安くなってきており、一番バレにくい企画女優で1本の出演報酬が3~15万円程度です。

それでもたった数十分でこれだけ稼げるわけですから決して安すぎるわけではありませんが、初出演で「1本数百万円は稼げるよ」などと言って契約を迫ってくる事務所は悪徳業者である可能性が高いので十分に注意しましょう。

 

 

嫌なプレイをさせられた

AVの撮影中、監督の指示やAV男優の演出で望まないプレイをされられたというケースもあります。

AVの撮影は当然、男女がハダカになり体を重ね合わせるわけですから、生理的に「嫌だなぁ」と思うことは少なからずあるでしょう。

どうしてもこのプレイだけはやりたくない!というものがあれば、事前に事務所や監督さんに話をしておくようにしましょう。また、プロダクションやメーカーは、女優さんの意に反しない形で撮影する義務があります。

 

転職の際に他の仕事につきにくい

AV女優は、本業とは別に副業として行っている女の子が大半ですが、一方AV女優を本業として稼いでいる女の子は、いざAV業界から卒業して一般的な仕事に就くときに、履歴書の記入や面接での受け答えに戸惑うといったことがあるようです。

面倒かもしれませんが、一般職に就く場合はあらかじめアリバイ工作をしておいたほうが賢明でしょう。

 

AV出演を後悔しないためには?

では、最後に、AVへ出演したことを後悔しないためにはどうすればいいのでしょうか?

 

AVに出演するべきなのかをよく検討する

まず、出演する前の女性は、「本当にAVに出演したいのか」、または「AVに出演するべきなのか」を自問自答してください。もし、出演の事実がバレた場合、仕事や家族、友人関係に、支障が出る可能性があります。

一般的に、顔バレのリスクと、ギャラは比例しますが、リスクを踏まえた上で、給料に納得できるのでしょうか?人によって、お金に対する価値基準は異なるので、給料に見合った仕事なのかどうかを断言することはできません。

以下にAV女優に向いている女性の特徴についてまとめたので、参考にしてください。

《こんな女性はAVに向いている!》

  • 何かを表現するのが好き
  • セックスが好き
  • 空いた時間で割りの良い仕事がしたい
  • 人から注目されるのが好き(もしくは抵抗がない)
  • 風俗も検討したが性病などのリスクが怖い
  • お酒や接客が苦手であるためキャバクラでは働けない

 

顔バレ対策をする

顔バレせずにAVに出演したい女性は、女優名がクレジットされない企画女優として出演すると良いでしょう。また、周囲の人間には、私生活における変化によるバレることが多いです。

  • お金は貯金する(羽振りの良さでバレることが多い)
  • 一人暮らしを始める(同居人には生活リズムの違いでバレる)

などを行うとバレる可能性は軽減します。

バレ対策について詳しくはこちら

 

やりたくないプレイはきちんと主張する

近頃のAV業界は、コンプライアンスの遵守が求められていて、やりたくない仕事を女優さんにさせるのは違法です。先ほどのお伝えしましたが、自分の意思に反する内容が、撮影に含まれていたら、主張しましょう。

【関連記事】

お聞かせください!AVに出演する中でやりたくないNGプレイ

 

不安な方は人権団体や公的機関へ相談する!

しかし、中にはプロダクションやメーカーと主従関係があるために、自分の意思を主張することが難しいシチュエーションもあるでしょう。

その場合は、人権団体や、公的機関の相談窓口の活用をオススメします。

出演強要に関する相談窓口

 

まとめ

AVへの出演は、メリットもあればデメリットもあります。心配事がある場合は、面接や契約の段階で事務所としっかりと話し合いを行うことをおすすめします。

もちろん、悪徳事務所ではなく正規の事務所で、中でも自分と相性の良い事務所を選ぶということも重要なポイントです。

 

  • この記事を書いた人

ユウリ

【アナザープロ webマーケティング・ライティング担当】 1990年、神奈川県横浜市生まれ。青山学院大学 物理数理学科 卒業。主に法律、脱毛、金融のメディアのライティング・運用を経て、アナザープロのwebマーケティング担当に至る。

-撮影の裏側

Copyright© Another Promotion , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

体験撮影可、募集地域 (北海道〜沖縄まで)

高ギャラ(30万円〜/日)
容姿基準 低
顔バレリスク 低
絡み 無し