有名AV女優の引退後のリアルをまとめてみた!

お金と生活

更新日:

AV女優のキャリアは1年〜2年以内と言われていますが、引退後のAV女優はどのような生活を送っているのでしょうか。この記事では有名AV女優の引退後の生活を紹介します。

 

【オススメ記事】

 

有名AV女優の引退後の実例

実例

ここでは、実際のAV女優が引退後にどうなったのか、現在何をしているのかという点について見ていきましょう。

 

及川奈央さん

及川奈央

引用元:five dot on production

80本以上もの作品に出演した及川奈央さんですが、現在は女優・タレントとして多くのドラマやバラエティに出演しています。また、小物雑貨ブランドを立ち上げるなど意外な活動も行っています。

 

蒼井そらさん

蒼井そら

引用:「S1NO1style

AV女優からタレントに転向し、映画やテレビ、ラジオなどのメディアで大活躍しています。日本だけでなく中国でも吹き替えなしで映画の主演を務めるなど活躍し、現地の人気はうなぎのぼりです。

※本人は“引退宣言”はしていないため、正式には無期限休業中となります。

 

佐藤るりさん

2004年にデビューし引退まで70本以上の作品に出演しましたが、引退後は日経新聞の記者に転身しました。ご本人は慶応大学入学、東大の大学院へ進学するなどもともと頭がかなり良かったようですね。

 

青山ちはるさん

1980年~1990年にかけて活躍したAV女優で、タレントのラッキィ池田さんとの結婚を機にAV女優を引退しました。しかしその後は離婚し、短期間ですが復帰を果たしました。

 

川奈まり子

1990年後半〜2000年代前半までAV女優として活動していた川奈まり子さんは、現夫の溜池ゴローさんと、引退作品をきっかけに結婚をしました。

 

〈川奈「ウンウン考えていたら、“あっそうだ、《生中出し》はしたことなかった”って気付いて……」

  溜池「じゃあ初めてハメ撮りしたところに行って、最初で最後の中出しをしよう、と。中に出したら赤ん坊もできちゃうかもしれないから、もしも妊娠したときのことを考えて先に籍を入れておこうって決めたんだよな」〉

(引用元:LITERA

 

現在も幸せな結婚生活を送る二人ですが、川奈まり子さんは、官能作家としても有名であり、またAVの出演者の人権、制作者の表現の自由を保護する目的で、「AVAN 一般社団法人表現者ネットワーク」の運営を行っています。

 

  • この記事を書いた人

ユウリ

【アナザープロ webマーケティング・ライティング担当】 1990年、神奈川県横浜市生まれ。青山学院大学 物理数理学科 卒業。主に法律、脱毛、金融のメディアのライティング・運用を経て、アナザープロのwebマーケティング担当に至る。

-お金と生活

Copyright© Another Promotion , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

体験撮影可、募集地域 (北海道〜沖縄まで)

高ギャラ(30万円〜/日)
容姿基準 低
顔バレリスク 低
絡み 無し