AVの撮影を支えるADの役割について解説!

撮影の裏側

投稿日:

AVの制作においてADの存在は欠かせません。

AD(アシスタントディレクターの略)は、放送や映画の撮影において監督、ディレクターのサポートをする職業です。

 

AVにおけるADは、撮影をスムーズに進行させるために裏方として雑務を行ないます。

体育会系で激務だと言われているAVの制作現場で、ADは一番、下っ端です。そのため体力、根性の両方がないと務まらないと言われています。

 

この記事ではAVの仕事内容について詳しく紹介します。

AV業界におけるADのお仕事とは?

冒頭でもお伝えした通り、AVの制作現場におけるADの仕事は、撮影をスムーズに進めるための雑務です。

 

撮影場所の下調べや決定

ADは、企画の内容、キャスティング、撮影の日程が決まったら、企画に合ったスタジオなど撮影場所のアポイントを取ります。

野外露出の撮影を行う場合は、法的な規制に引っかからないか、事前に下調べをしなければなりません。

 

撮影場所が決まったら、出演者、監督やスタイリストなど撮影関係者へ撮影の詳細(撮影場所、日時)について共有します。

 

撮影道具の準備

ADは、撮影が決まったら撮影で使う、大道具、小道具、衣装を用意します。主にメーカーの倉庫から、企画の内容に適したものを選びますが、足りないものがあれば業者へレンタルします。

 

またバイブの電源が残っているかのチェックも行います。

 

撮影での雑務

撮影当日は、撮影をスムーズに進めるために、必要な備品を必要な場所へ配置したり、撮影の進行状態や企画の内容を撮影クルーに共有したり、片づけを率先して行われなければなりません。

 

また、監督を始め撮影スタッフのサポート役にも徹します。新人ADを始め監督から怒られることも日常茶飯事だと言われています。

 

AV男優

撮影現場によっては、ADがAV男優を担うこともあります。AV女優と比べてAV男優の人口は少なく、男優の数が足りていない時に、声がかかるそうです。

  • この記事を書いた人

ユウリ

【アナザープロ webマーケティング・ライティング担当】 1990年、神奈川県横浜市生まれ。青山学院大学 物理数理学科 卒業。主に法律、脱毛、金融のメディアのライティング・運用を経て、アナザープロのwebマーケティング担当に至る。

-撮影の裏側

Copyright© Another Promotion , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

体験撮影可、募集地域 (北海道〜沖縄まで)

高ギャラ(30万円〜/日)
容姿基準 低
顔バレリスク 低
絡み 無し