AV女優がデリケートゾーンの黒ずみをなくし綺麗にするにはどうすれば良い?

お仕事について

更新日:

デリケートゾーンの黒ずみやぶつぶつは女の子にとってデリケートな問題です。ただでさえデリケートゾーンは見られるのが恥ずかしいのに、黒ずみやぶつぶつまで見られたくありません。

 

特に裸を見せることを生業とするAV女優は、黒ずみやぶつぶつができないように気を使います。カメラの前ではなるべく綺麗な体を写したいと思いますし、何より自身のギャラに関わるからです。

 

しかし、近年、AVデビューしたことで話題を集めた元AV女優のデビュー作ではデリケートゾーンが黒ずんでおり汚いと一部で話題になりました。

多くのユーザーは、デリケートゾーンをじっくり見たいと思う一方で、黒ずんでいたりするとガッカリします。

 

また昔と比べ、画質が綺麗になっているのでクローズアップすると黒ずみがあるかどうか簡単にわかります

これからAVへ出演する女性は、人一倍、デリケートゾーンを綺麗に見せるために、黒ずみやぶつぶつに気をつけなければなりません。

 

このページではデリケートゾーンの黒ずみやぶつぶつを予防し、取り除く方法を紹介します。

デリケートゾーンの黒ずみやブツブツはどうしてできるの?

肌が黒ずむ原因は肌を守ろうとするメラニンの色素が黒いからです。メラニンは、肌が外から刺激を受けると症状として表れます。

 

ゴシゴシ洗ったりなど摩擦

そのためお風呂で、肌をゴシゴシ洗ったり引っ掻いたりすると、メラニンが出るので肌が黒ずみます。

 

冬やエアコンなど空気の乾燥

黒ずみは空気が乾燥していると出やすくなります。空気が乾燥すると外からの刺激に肌が弱くなるからです。また乾燥すると痒くなるので、掻いてしまい結果的に黒ずみます。

 

下着の締め付け

締め付けられた下着を着けていると、デリケートゾーンは汗をかき蒸れた状態になります。蒸れると雑菌が発症しやすくなり、傷口から雑菌が入った結果、黒ずみやニキビができるそうです。

 

妊娠・出産、生理中などホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れは、肌が弱くなるので結果的に黒ずみや、ニキビ、ぶつぶつなどの症状が出やすくなります。妊娠や出産時期、生理中などはホルモンバランスが乱れるので、注意してください。

 

加齢による肌の老化

年齢を重ねるごとに肌の免疫は落ちます。血行が悪くなり肌の再生機能が落ちるので、ぶつぶつや黒ずみができやすくなります。

 

ムダ毛処理による傷

自分でムダ毛処理をすると、気をつけていてもどこから肌を傷つけているものです。傷から肌を守るために黒ずみができますし、さらには傷口から雑菌が繁殖することでニキビができます。

 

デリケートゾーンを黒ずみ・ブツブツから守るには?

では黒ずみやぶつぶつからデリケートゾーンを守るためには、どうすれば良いのでしょうか?

 

規則正しい生活を心がけよう

まず規則正しい生活を心がけましょう。不規則な生活を送ると免疫力が低下するので、結果的に黒ずみやぶつぶつなどができやすくなるからです。

早寝早起きや、バランスの良い食事を心がけてください。

 

水分をきちんと取る

先ほどお伝えした通り肌の乾燥は避けるべきです。水分不足は肌が乾燥しやすい原因なので、こまめに水分を摂りましょう。

 

汗や蒸れに気をつける

雑菌が繁殖するので、デリケートゾーンはなるべく清潔な状態を保つべきですが、洗いすぎると今度は刺激が強すぎて黒ずみができてしまいます。

 

汗をかいたり、蒸れないような工夫を心がけてください。なるべく汗を掻かないよう蒸れやすい毛糸の下着や、肌に密着しやすいサイズの小さい下着は避けましょう。

 

生理中はこまめにナプキンを取り替える

生理中はデリケートゾーンが蒸れやすいので、ナプキンをこまめに取り替えてください。

 

乾燥やブツブツでかゆくなってもかかない!

乾燥したりぶつぶつができたりすると肌が痒くなりますが、黒ずみができるので掻くのは厳禁です。そのためもし痒くなったら、皮膚科でかゆみ止めを処方してもらいましょう。

 

黒ずみやぶつぶつの予防のために風呂で気をつけること

続いて黒ずみやぶつぶつを防ぐためにお風呂で気をつけることを紹介します。

 

お風呂・シャワーは36〜38度にする

まずお湯の温度は、36〜38度に設定しましょう。高い温度のお湯は肌に強い刺激を与えますし、ぬるま湯は血行が良くなり、傷ができても回復しやすくなるからです。

 

石鹸をよく泡立てる

ゴシゴシ洗うと肌を傷めます。良く泡立てた上で、優しく体を当てるようにして洗いましょう。

 

専用の石鹸・ソープを利用する

市販の石けんはアルカリ性のものが多いです。人の肌は弱酸性なのでアルカリ性の石けんやシャンプーを使うと肌を傷めます

 

デリケートゾーン専用の石けんは弱酸性でかつ保湿成分のものが多いので、肌を傷めないためにも専用の石けんを使うと良いでしょう。

 

ムダ毛処理は入浴後に行う

入浴中のムダ毛処理は、必要な角質も取ってしまうので肌を傷めます。そのためムダ毛処理は、肌が清潔な状態である入浴後に行いましょう。

 

またカミソリの刃は、菌が繁殖しないためにも定期的に交換しましょう。また使用後は水切りをし、風通しの良い場所に置いておくと菌が繁殖しません。

 

風呂上がりにクリームで保湿する

お風呂に入ると肌は乾燥するので、きちんと保湿クリームなどでケアしてください。

 

黒ずみがあるけど撮影まで時間がない…|黒ずみを取除く方法

『デリケートゾーンに黒ずみができてしまったけど、撮影まで時間があまりない』撮影当日までに黒ずみを綺麗にしたいところですが、どうすれば良いのでしょうか?

 

皮膚科へ行く!

まず皮膚科で薬を処方してもらいましょう。皮膚科では塗り薬や飲み薬を処方してくれるでしょう。塗り薬は黒ずみそのものを除去してくれ、飲み薬は黒ずみができる要因そのものを体の中から除去してくれます。

 

塗り薬や飲み薬で黒ずみが取れるかどうかは体質に寄りますが、レーザー治療であれば体質によらず除去できるそうです。

 

黒ずみクリームや石鹸を使う

皮膚科へ行く時間がない場合は、黒ずみクリームや黒ずみ専用の石鹸を使いましょう。病院で処方される薬より効き目は悪く人によって効果は変わりますが、ある程度は緩和されるでしょう。

 

撮影内容についてスタッフへ相談する

当日までに黒ずみが取れなさそうな場合、担当のスタッフへ相談してください。

 

撮影内容について事前に合意を取っているので、急な変更に対応しきれるかわかりませんが、『デリケートゾーンをクローズアップされるのに抵抗がある』とお伝えすれば、『なるべくデリケートゾーンをアップしないように編集する』、『モザイクを濃くする』などの対応してもらえるかもしれません。

  • この記事を書いた人

ユウリ

【アナザープロ webマーケティング・ライティング担当】 1990年、神奈川県横浜市生まれ。青山学院大学 物理数理学科 卒業。主に法律、脱毛、金融のメディアのライティング・運用を経て、アナザープロのwebマーケティング担当に至る。

-お仕事について

Copyright© Another Pro , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

体験撮影可、募集地域 (北海道〜沖縄まで)

高ギャラ(30万円〜/日)
容姿基準 低
顔バレリスク 低
絡み 無し