AVの撮影現場であったハプニングNG集

撮影の裏側

更新日:

映画やドラマの撮影と同様、AVの撮影では予期せぬハプニングによりNGとなったカットを撮り直しになることがあります。この記事ではAVの撮影現場で実際にあったNG集を紹介します。

 

大爆笑!AV撮影現場で実際にあったNG集

早速ですが、AVの撮影上の事故により、NGとなったカットを紹介していきますね!

 

淫語の面白さに爆笑

爆笑

淫語とは、セックス中に男性を興奮させるための言葉です。AVでは、要所要所で女優さんに淫な言葉を言わせようとします。

 

AVの淫語は過激であり、実際のプライベートでは使わないものが多いです。そのため、言ってておかしくなる淫語が多いのも事実であり、撮影中、つい女優さんが淫語を言いながら笑ってしまうことがあり、撮り直しになることがあります。

 

タイムストップものでオナラをする

おなら

AVの作品には、時が止まった世界が舞台のものがあります。時が止まった世界で、身動きすることができる男が、女性にセクハラをするといった内容のものです。

 

時が止まっているので当然、女性は何もできない設定ですが、撮影中に間違えて女優さんがオナラをしてしまったため、NGになった撮影現場があります。

 

携帯が気になり撮影に集中できない

女優さんの携帯がマナーモードになってなかったために行ったハプニングもあります。

 

本番の撮影中に、女優さんの携帯が鳴り始めましたが、犯されている設定なのに、終始、ケータイをジロジロ見ているのがかえって視聴者にはウケたようです。

 

顔射予定の精液を反射的に避ける

ぶっかけの撮影をするはずが、反射的に女優さんが射精した精液を避けたため、NGになった例があります。避けられた男優さんは、さぞかし悲しい気持ちになったでしょう(笑)

 

男優がローションで転倒

風俗ネタのAVでは、風呂場でローションを使用するのが一般的です。床がローションで滑るために、男優さんが転倒した事件がありますが、現場は大爆笑でした。

 

まとめ

以上が実際にAVの撮影現場であったNG集になります!もっと撮影の舞台裏が知りたい方は、ぜひ担当者までお気軽に連絡ください。

  • この記事を書いた人

ユウリ

【アナザープロ webマーケティング・ライティング担当】 1990年、神奈川県横浜市生まれ。青山学院大学 物理数理学科 卒業。主に法律、脱毛、金融のメディアのライティング・運用を経て、アナザープロのwebマーケティング担当に至る。

-撮影の裏側

Copyright© Another Promotion , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

体験撮影可、募集地域 (北海道〜沖縄まで)

高ギャラ(30万円〜/日)
容姿基準 低
顔バレリスク 低
絡み 無し