AVに妊婦が出演…撮影の裏事情|流産・感染・死亡のリスクとは

撮影の裏側

投稿日:

AVには、妊婦モノと呼ばれるジャンルがあります。文字通り、ホンモノの妊婦がAVに出演する内容のものです。

妊婦がAVに出演するケースは稀なので、希少価値が高く、ギャラは高額だと言われていますが、衛生面やお腹の中にいる胎児のことを考えると、妊婦モノのAVへの非難の声は多いようです。

 

今回の記事では、妊婦モノのAVの撮影の裏側について紹介します。出演時の注意点についてもまとめたので、妊婦だけどAVに出演してみたい女性が、参考にしていただけたら幸いです。

※当コラムは、妊婦の方へAVの出演を勧める記事ではありません。当プロダクションで全ての責任は負いかねるため、出演可否はご自身の意志に基づいて判断願います。

 

妊婦はAVの撮影によって流産しないの?

妊婦の方は、産まれてくる子供のことを考えて、なるべく身体に負荷をかけないように生活をしなければなりません。そもそもAVの撮影によって流産する危険性はないのでしょうか?

 

そもそも妊婦がセックスして大丈夫なの?

まず身体に負担がかからないことが前提ですが、セックスが原因で流産することはありません。ですが感染症により早産のリスクがあるため、セックスの時にコンドームの着用が求められます。

 

特に臨月は細菌が繁殖しやすい時期だと言われているので、AVの撮影は控えるべきでしょう。

参考:「【医師監修】妊娠中の仲良し(セックス)は大丈夫?胎児への影響は?|マイナビウーマン

 

生本番、中出しAVの撮影の裏側

コンドームを着用すれば妊娠中でもセックスができることがわかりましたが、近年のAVではコンドームを着用しない『生本番』、『生中出し』がテーマのAVが主流になってきています。

 

妊婦に限りませんが、コンドームなしの撮影は危険だと思われるかもしれませんが、『生本番』がテーマのAVの撮影の多くは、コンドームを着用します。

モザイクの上からコンドームの着用が確認しづらいためです。

 

生本番の撮影の裏側についてはこちら

 

妊婦系のAVのギャラ相場はどれくらい?

何かと撮影がハードな印象がある妊婦系のAVですが、どれくらいのギャラがもらえるのでしょうか?当社のスタッフに聞いたところ、女優さんによるそうです。

 

単体レベルの女優さんであれば1回の撮影につき10万円〜50万円もらえるそうで、知名度や容姿のレベルによって変わると言われてます。

また素人系の女優さんの場合、5万〜15万円が相場だと言われております。

 

現役の妊婦系AVモデルさんの生の声

またこの件について、先日、ツイッターで実在するAVモデル(通称:K.B)さんから、ご指摘を受けました。

K.Bさんがいうには、3〜4万円近くのギャラが支払われていたそうですが、プロダクション側から足元を見られていたかもしれないとも申してました。

 

妊婦がAVに出演する際に気をつけるべきこと

続いて妊婦の方がAVに出演するにあたり気をつけるべきポイントを紹介します。

 

コンドームありの撮影だけにする!

コンドームを着用する現場が多いと説明しましたが、中には着用しない現場もあります。女優さんがムリだと感じる内容の撮影は断ることができるので、コンドームありの撮影だけを引き受けるようにしましょう。

 

セックスするべきではない状態を知る

妊婦は、貧血を起こしやすかったりと、何かと体調が不安定です。お腹の中の子供のためにも、身体に負荷をかけないように気をつけなければなりません。

 

以下の項目に該当するときは、セックスまたはAVの撮影は控えましょう。

  • おなかの張りがあり、切迫流・早産気味のとき
  • 不正出血があるとき
  • 子宮頚管が短くなってきているとき
  • 前置胎盤、あるいは胎盤の位置が低い低置胎盤のとき
  • 破水しているとき
  • 医師から安静を指示されているとき

引用元:「妊娠中・妊婦のセックス注意点!産婦人科医が徹底解説|AllAbout暮らし

 

身体に負荷のかからないセックスを心がける

また、撮影でもプライベートでも、身体に負荷の少ないセックスをするようにしましょう。主に以下の点に気をつけると良いと言われています。

  • 長い性行為をしない
  • お腹に負荷のかからない体位にする
  • 深く挿入しない
  • お腹は力まないようにする

 

前もってスタッフに身体の事情について伝えておく

妊婦であるため、身体の調子が不安定であることは、プロダクションのスタッフに事前に伝えてください。

プロダクション側も事情がわかっていれば、もし体調不良で撮影が中止になった場合でも、代わりの女優さんに撮影を依頼するなど手配が容易になるからです。

 

まとめ

当コラムは、妊婦さんをAVへ斡旋するための記事ではありません。AVへの出演を希望する妊婦の方が、安全にAVへ出演していただけたらと思い、当記事を執筆しました。

しかし、身体のことも考えると妊婦の方は、出産を終え、身体が安定するまで、出演は控えるべきでしょう。

  • この記事を書いた人

ユウリ

【アナザープロ webマーケティング・ライティング担当】 1990年、神奈川県横浜市生まれ。青山学院大学 物理数理学科 卒業。主に法律、脱毛、金融のメディアのライティング・運用を経て、アナザープロのwebマーケティング担当に至る。

-撮影の裏側

Copyright© Another Promotion , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

体験撮影可、募集地域 (北海道〜沖縄まで)

高ギャラ(30万円〜/日)
容姿基準 低
顔バレリスク 低
絡み 無し