AV女優募集|年齢・容姿・住まいは問わないAVプロダクション

Another Promotion

                   

AV事件簿|あの事件の概要と亡くなったAV女優・今後の業界の傾向まとめ

出演リスク

更新日:

AV業界ではこれまで様々な事件がありました。そのため、AV業界に対して悪いイメージを持ってしまった人も多いのではないかと思います。

 

しかし、こういった“事件”がきっかけで、アダルト業界には以前よりも増して規制がかかるようになりました。

今回の記事では、これまでに起きたいくつかの事件や、それを受けての今後のアダルト業界の傾向について触れたいと思います。

【関連記事】「AV強要は実際に起きている|AV強要の手口や対策法まとめ

 

AV業界で起きた主な事件

警察

早速、AV業界で起きた大きな事件についてご紹介します。

 

バッキー事件

アダルトビデオメーカーの『バッキ―』のスタッフ数名は、AV女優に脱方ドラッグを吸引させた後、マンションに連れ込みAV撮影を強行しました。その過程は、肛門内の器具を破裂させ重症を負わせるなど極めて卑劣なものでした。

もともと『バッキ―』では監禁や強制飲酒、水に沈めるなどAV女優に対する暴行が日常茶飯事に行われており、被害に遭ったAV女優たちが被害届を提出したことがきっかけで、バッキ―関係者が強姦致傷容疑で逮捕、起訴されました。

 

《以下引用》

主犯とされる会社代表・栗山龍と監督の男は東京地方裁判所に起訴され、2007年10月5日には栗山龍の論告求刑公判が開かれた。論告では、軽いレイプものの撮影であると偽り、違法薬物や睡眠薬を飲ませ、一人の女性に対し2、30人で暴行を加えたり、手足を縛り顔を水中に沈めたりするなどの暴行を10時間以上に渡り繰り返し、演出の度を越えた暴力の実態が明らかになった。被告人に反省の色もみられず情状酌量の余地はないとして検察は懲役20年を求刑したが、その際も被告人はうすら笑いを浮かべていたという

(引用元:wikipedia「バッキ―事件」)

 

出演強要事件

グラビアモデルとしてプロダクションと契約した女性が、「AV作品への出演を強要された」と訴えたことが原因で、プロダクションの社長をはじめとする関係者らが労働者派遣法違反容疑で逮捕されるという事件が起きました。

しかし、同プロダクションに所属するAV女優数名は、これが「強制や騙しはほとんどない、冤罪である」と訴えました。

 

《以下引用》

結果としてその請求は東京地裁によって棄却されたが、この裁判は、AV出演を拒否する所属タレントに対して違約金で恫喝するプロダクションが存在していることを証明したともいえるだろう。

(引用元:エキサイトニュース

 

出演強要事件2

女子高校生にAVへの出演を強要した容疑でアダルトサイトを運営していた男性が逮捕されました。

この男性は契約を結ぶ際には「嫌なことはやらなくてもいい」と告げておきながら、女性が出演を拒否すると「断るのであれば撮影前にかかった費用を返せ」などと弁護士の存在をチラつかせながら脅しました

 

《以下引用》

被害者の大半は18~19歳。AV出演は女性側が自主的に望めば、職業安定法などの法令に触れる可能性は低いが、18歳未満の出演は合意があっても児童買春・ポルノ禁止法違反の罪に問われるため、慎重に年齢を確認していたとみられる。

(引用元:産経WEST

 

AV女優が亡くなってしまった事件

被害

AV女優の“死”も事件と言えば事件の一つです。以下では、特に記憶に残るAV女優の死を2つピックアップしました。

 

石野容子さん死亡事件

当時妊娠中だったAV女優の石野容子さん(享年25歳)は、AV撮影中に「気持ち悪い」と体調不良を訴え、意識を失い病院に搬送されました。しかし救護の甲斐もむなしく亡くなってしまいました。

その後「追悼いしのようこ」「二度と撮れない…」という何とも不謹慎なタイトルでAVがリリースされています。

(参考:Wikipedia「石野容子」)

 

飯島愛さん死亡事件

元AV女優でバラエティタレントとして活躍していた飯島愛さん(享年36歳)ですが、2008年に自宅で亡くなっているのが発見されました。

当時は自殺ではないかとの声も挙がりましたが、病理検査の結果、死因は肺炎であったことが発表されています。

(参考:Wikipedia「飯島愛」)

 

昔と比べるとAV業界は「安心」「安全」

1980年代に日本で初めてAV作品が発売されてから、AVの歴史は40年近くにもおよびます。

その間、上で述べたように、悪質なAVプロダクションによる悲惨な事件や、AVとの因果関係は謎であるにせよAV女優が謎の死を遂げるなどの事件が起きてしまったことは事実です。

 

業界全体で法令遵守する方向に変わった

しかしこういった事件を受け、現在はAVにおける規制が厳しく設けられるようになり、AVプロダクション側も法令遵守を徹底するようになってきました

説明責任を果たす、性病チェックはしっかりと行なう、専属のサポートスタッフをつけるなど、AVに出演する女の子には特に「安心」「安全」にお仕事に取り組んでもらえるような体制が整えられるようになったのです。

 

女の子の安心・安全が第一

また、AVがらみのトラブルを抱えてしまった女の子が相談できる機関もたくさん作られました。

さらには、“出演したAV女優からの要請があれば販売や配信を停止にする”という方針が、早ければ来年1月にも適用される見通しも立っています。

 

健全化に向けた動きは進み続ける

AVに出るのが「怖い」「恥ずかしい」「うしろめたい」という時代から、今はAVに出る女の子がまるでタレントのように“光を浴びる時代”に変わりつつあると言っても過言ではありません。

もちろん、悪徳AVプロダクションがまったく存在していないわけではありませんし、AV女優に対して偏見を持っている人もいます。

しかしそれでも、AV業界は『健全化』に向けて着実に歩みを進めており、これからその歩みはどんどん加速していくでしょう

 

まとめ

集団強姦まがいな撮影…

嫌がる女の子に対してのAV出演強要…

有名AV女優の死…

AV業界で起きた事件のありのままをまとめた今回の記事はいかがだったでしょうか。

「これからAVに出て稼ぎたい!」と考えている女の子ほど、こうしたAV業界のリアルをよく知ることが重要です。

なお、当社では法令遵守を徹底し、高収入を得たい女の子に対して様々なお仕事をご提案しております。お給料のこと、疑問に思うことなど、お電話・LINE・メールでお気軽にお問い合わせください。

 

  • この記事を書いた人

ユウリ

【アナザープロ webマーケティング・ライティング担当】 1990年、神奈川県横浜市生まれ。青山学院大学 物理数理学科 卒業。主に法律、脱毛、金融のメディアのライティング・運用を経て、アナザープロのwebマーケティング担当に至る。

-出演リスク

Copyright© Another Promotion , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.