AVのお仕事は大変?|AV女優が大変と感じる6つのこと

撮影の裏側

更新日:

AV女優として働くのは、とても大変なことです。

もしも今「AV女優として稼ぎたい!」と考えているのであれば、AV業界の現実、AV女優の実態をきちんと知り得た上で検討すべきでしょう。

今回の記事では、AV女優がどう大変なのか?実際のAV女優さんの声をもとに解説していきますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

AV業界で大変な6つのこと

早速、AV女優が「大変!」と感じる主な6つのことについて解説していきましょう。

 

身バレの回避が大変

AV女優のお仕事は、ハダカになって男優と絡み、その映像を販売し大勢の人に観賞してもらうというものになります。しかしその行為を身内や知人や彼氏にバレたくないと考え、身バレ対策をする女の子はたくさんいます

 

主な身バレ対策としては、

  • 顔にモザイクをかけて出演する
  • 出演メディアを限定して出演する
  • 一度だけの出演で終わらせる

などがあります。

AVに出演してみたいけれど、身バレが不安で踏みとどまっている方は、ぜひ一度LINEご相談ください。当プロダクション担当松本が親身に回答します。

有名になりたい人は別

AV女優として有名になりたいと考えている方は、身バレはそこまで気にならないことかもしれません。

しかし有名になれるのは、毎年AV女優としてデビューする3000人前後の女の子のうち、ほんのひと握りです。狭き門と言えます。

 

撮影が過酷で大変

AVの撮影は、ある意味肉体労働です。普通のセックスでも体力を使うのに、現場ではカメラワークを気にしたり、都度監督からの演技指導が入る中で本番行為をしなければなりません。

時には、普通じゃ滅多にやらない体位やプレイにもチャレンジすることになるかもしれません。(お仕事を受ける・受けないは本人の意思が優先されます。)

《過酷な撮影例》

  • 獣姦モノ
  • アナル、スカトロモノ
  • 強姦モノ
  • SMモノ
  • どっきりなどのハードな企画モノ

ひとつのセックスに多くの人が関わってくるので、体力だけではなく気を使う場面もたくさんあります。

 【関連記事】:AV業は過酷?|AVのリアル過酷エピソードまとめ

 

仕事が不安定で大変

AV女優になったからと言って、毎月定期的に撮影のお仕事が入ってくるわけではありません。AVの撮影は、まずAVメーカーからAVプロダクションに依頼があり、それをAV女優本人が受けて初めて成立します。

時には1ヶ月間まったく依頼が来ないこともありますし、自分から営業をしに行ってようやく1本依頼が入るというケースもあります。

 

大勢のライバルがいて大変

テレビでも活躍してアイドル並みの扱いを受ける女の子もいれば、一度きりのAV出演で業界を去っていく女の子もいます

毎年3000人前後の女の子がAV女優としてデビューしていますから、AV戦国時代と言ってもいいでしょう。その中でAV女優として安定して生き残っていくのは至難の業と言っても良いかもしれません。

 

容姿の維持が大変

AV女優にはそれなりの容姿が求められます。中には、AVで稼いだお金を整形やエステなどの美容代にまわし、美しさに磨きをかけている人も少なくありません。女優さんによっては、毎月の美容メンテナンス費用は一般の女の子のウン倍にもなるでしょう。

ただし、AV女優として名前が売れてくるようになると、プロダクション側から経費として美容代が支給されることもあります。

 【関連記事】AV女優の整形はイメージ戦略!整形を疑われない方法とは?

 

 

AV業界は大変だけど頑張り甲斐がある

ここまでは、AV女優さんが実際に「大変だ」と思う点について記述してきましたが、一方でメリットも大きいのがAV女優のお仕事の特徴です。

中でも収入面のメリットは大きく、資格がなくても数十分~数時間で即日ウン万円~ウン十万円を稼げるのは最大の魅力でしょう。

単体女優として売れれば、月に百万円以上の収入を得るのも夢ではありません。

 

 

大変だと感じる仕事は受ける必要はない!

AVだけでなく、どんなお仕事にもメリット・デメリットはあるものです。

近年、AV女優は現場やプロダクション内でお姫様扱いを受けるなどかなり働きやすい場所になってきましたし、“嫌な仕事は受けない”が許されるのも女の子の特権です。

(実は意外に知られていませんが、撮影がスタートしてから「辛い」と感じるようなことがあれば、放棄する権利も与えられています。)

 

自分の意志で決められるのもAV業界の魅力

  1. 一度試しにやってみる
  2. 頑張って稼げるだけ稼ぐ
  3. AV女優からスタートして芸能界入りする

全ては自分の意思次第で、思い描いた最高の未来を作りあげることが出来ます。

『AV=後悔しかない』なんていう時代はとうの昔に通り越し、AV業界は今や、女の子が楽して働けるフィールドの一つになりつつあります。

 

まとめ

AV女優は、いざやってみると確かに「大変」と感じることが多くあるでしょう。

しかし、AV女優志望の女の子がどんどん増えて人気の職業の一つになりつつあるのは、やはりそれだけメリット面が重視されるからです。

本記事が少しでもお役に立てば幸いです。

 

  • この記事を書いた人

ユウリ

【アナザープロ webマーケティング・ライティング担当】 1990年、神奈川県横浜市生まれ。青山学院大学 物理数理学科 卒業。主に法律、脱毛、金融のメディアのライティング・運用を経て、アナザープロのwebマーケティング担当に至る。

-撮影の裏側

Copyright© Another Pro , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

体験撮影可、募集地域 (北海道〜沖縄まで)

高ギャラ(30万円〜/日)
容姿基準 低
顔バレリスク 低
絡み 無し