AV女優になるメリット・デメリットと風俗との比較!

予習事項

更新日:

AVへ出演しようかどうか悩んでいる…

AVへの出演を決める上で、『AV女優になるメリットとデメリット』は参考にしたいところです。この記事では、AV女優になるメリットとデメリットや、風俗で働くメリットとデメリットを紹介します。

 

AV女優になるメリットとデメリット

以下、AV女優になるメリット、デメリットを紹介します。

 

AV女優になるメリット

 

コスパよく稼げる

お金

AV女優になる一番のメリットは高収入であることです。

出演形態によっては1日〜2日の撮影で50万円〜150万円のギャラがもらえますし、高額でない案件でも数時間の撮影で2万円以上のギャラがもらえます。

 

AV女優のギャラ事情についてはこちら

 

人気次第でタレント活動ができる

人気次第では歌手デビューやテレビ出演や本の出版など、芸能活動することもできることもAV女優になるメリットです。

 

給料が即日払いである

AVの給料は基本、即日支払いのため、撮影が完了すれば支払われます。大体、応募から撮影まで早くて3日かかります。

松本
弊社では1週間あけていただければ面接から撮影、給料の支払いを行います。

 

風俗で働いた時の給料が上がる

AVに出演すると風俗で働いた時の単価が高くなります。AV女優とエッチなことがしたいお客さんからの指名が集まるからです。

 

接客のスキルが必要ない

風俗はお客さんの相手をしなければならないため、多少の接客のスキルが求められます。

対してAV女優は、撮影に不慣れな女性でも現場スタッフやAV男優がエスコートしてくれるので、そういったスキルが必要ありません。

 

風俗と比べて病気のリスクが低い

診断

風俗では定期的に性病の検査が義務付けられますが、客側が検査を実施しているわけではないので病気にかかるリスクがあります。

対してAV女優は、男優と共に性病検査が義務付けられているため、風俗嬢と比べて病気のリスクが低いです。

 

AV女優になるデメリット

続いてAV女優になるデメリットを確認しましょう。

 

収入が安定しない

AV女優は撮影がなければ給料が発生しません。その点、風俗やキャバクラは出勤すれば、誰かしらお客さんをつけてもらえる上に、店舗によっては給料保証があります。

 

顔バレのリスクがある

涙

AV女優は周囲の人間は出演した事実がバレるリスクが引退後もあります。出演形態によっては顔バレリスクの少ない仕事もありますが、バレるリスクはゼロではありません。

バレのリスクやバレを防ぐ方法について知りたい方はこちら

 

風俗で働くメリット・デメリット

続いて風俗で働くメリットとデメリットを簡単にまとめました。

メリット

  • AVより身バレのリスクが低い
  • 当日欠勤がある程度、許される
  • 給料は日払いまたは週払いである
  • AVより安定した収入が得やすく、長期的に稼げる

デメリット

  • 性病になるリスクがゼロではない
  • 接客のスキルが求められる
  • 多少は身バレのリスクがある

 

 

結論:AVと風俗どちらを選ぶべきなのか?

以上のことを踏まえると、AV女優と風俗嬢のどちらを選ぶべきなのでしょうか?それは働く人の状況によって異なるので断言できません。

 

そこで以下に、AVに向いている女性の特徴と、風俗に向いている女性の特徴をまとめたので、どちらで働くべきかお悩みの女性は、ぜひ参考にしてください。

AVに向いている女性の特徴》

  • 一攫千金を狙っている
  • コスパよく稼ぎたい
  • 性病などのリスクが怖い
  • 接客が苦手である

 

風俗に向いている女性の特徴》

  • バレのリスクを抑えたい
  • 安定した給料が欲しい
  • 体調管理や時間の管理が苦手である

 

また先ほどお伝えした通り、AVに出演すると風俗嬢としての単価が上がるので、併用するのもありかもしれません。

 

  • この記事を書いた人

ユウリ

【アナザープロ webマーケティング・ライティング担当】 1990年、神奈川県横浜市生まれ。青山学院大学 物理数理学科 卒業。主に法律、脱毛、金融のメディアのライティング・運用を経て、アナザープロのwebマーケティング担当に至る。

-予習事項

Copyright© Another Pro , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

体験撮影可、募集地域 (北海道〜沖縄まで)

高ギャラ(30万円〜/日)
容姿基準 低
顔バレリスク 低
絡み 無し