AV女優がガン等の病気を発症するリスク|実例を元に徹底検証。

病気

投稿日:

AV出演によりガンになることはあるのでしょうか?

元AV女優の麻美ゆまさんがガンになったことから、これからAVで働く方や、AVファンの方にとって、AV出演とガンの関係性について気になる方は多いようです。

今回の記事では、①麻美ゆまさんとガンの関係性、②完治するまでの経緯、③AV出演によるガンになるリスクについてまとめてみました。

 

AV出演と麻美ゆまのガンは関係ない!?

いきなりですが、麻美ゆまさんがガンになった原因と、AV出演は関係ありません。麻美ゆまさんに発生した卵巣腫瘍担は、遺伝や体質が原因で発症するガンであり、女性であれば誰でもなりえる病気だからです。

子宮や卵巣にガンが転移したために、子宮ガンだと誤解されましたが、彼女の主治医もAVの出演とガンの関係性を否定しています。

 

麻美ゆまのガンの発症から完治までの経緯

麻美ゆまさんは、ガンにより激しい闘病生活を送りました。身体的苦労に加え、メディアや世間からの誹謗中傷による苦しみにも耐えなければなりませんでした。

 

発症からしばらくはガンであることに気づかなかった

麻美ゆまさんは、病院でガンと診断されるまで、自身がガンを患っていることに気づきませんでした。「お腹が張る」、「便が緩くなった」、「周りから痩せたことを指摘された」など、目立つ症状がなかったためです。

診断結果が信じられなかったため、複数の病院で診察を受けましたが、同じ診断内容でした。

 

ガンの公表

AV女優は、性的コンテンツを扱ったお仕事であるため、世間的イメージは良くありません。

そのため、ガンの発表により、麻美ゆまさんは、ネットや週刊誌を始め、「AVに出演した彼女が悪い、」「ガンになったのは自業自得だ」など、あらゆる誹謗中傷を受けました。

しかし、果敢にガンの事実を公表した彼女の勇気は、同じ病気で苦しむ多くの女性に勇気を与えたとも言われています。

 

苦しい闘病生活

実際のところ、お腹を開けるまで、卵巣ガンと断言できなかったそうです。腸炎と間違えられることも多く、開腹して初めて、子宮までガンが進行していることがわかったと言われています。

麻美ゆまさんは、卵巣、子宮の全てが摘出されましたが、術後も厳しい抗がん剤治療が待っていました。

抗がん剤の影響で、彼女の髪の毛は抜け落ちましたが、一人の女性として、セクシーモデルまたはアイドルとしても、辛いことだったでしょう。

彼女の闘病生活はテレビでも放送されていましたが、反響もあり、彼女の生い立ちを含めメディアで大々的に取り上げられたため、幾分か彼女に対するイメージは払拭されたと思います。

 

芸能活動への復帰

厳しい闘病生活を終え、彼女は病気から立ち直り、AVの活動は控えているものの、芸能活動に力を入れています。

 

そもそもAV出演(セックス)でガンになるの?

では、AV出演によりガンになる可能性はあるのでしょうか?これからAVに出演する女性は、特に心配するところでしょう。

 

子宮頸ガンの可能性はゼロではない!

麻美ゆまさんが患った卵巣ガンは、遺伝や体質が原因で発症するのに対して、子宮頸ガンは、セックスにより感染するリスクがあります。

そのため、子宮頸ガンに関しては、AV出演による可能性は否定できません。

 

感染予防のコツは衛生面に気をつけること!

子宮頸ガンの元となる、HPVは、子宮が男性器や精液と接触することで感染する恐れがあります。特に性器を洗わないなど衛生面の悪い環境下のセックスにより感染するリスクは高いでそうです。

 

AV女優がガンにならないためには?

子宮がんを引き起こすHPVは、20代〜30代が最も発症するリスクが高いです。20代〜30代は、最もAV女優の人口の多い年代ですが、最後にAV女優がガンにならないための必要事項を記載します。

 

定期的に検診を受ける

まず、子宮がんは自覚症状がないまま病気が進行するケースが多いです。

病状が表面化する頃には手遅れだったため、子宮全摘出、妊娠や出産ができない、排尿が困難になるなどの後遺症が残るリスクがあります。

子宮がんにならないためには早期発見が必要であるため、定期的に子宮がんの検診を受けましょう。検査結果に見落としがないよう、「HPV検査」、「細胞診検査」の両方の検査を受けることをオススメします。

 

HPVワクチンを接種する

HPVワクチンを接種することで、子宮がんを予防できます。副作用があるため行政からはHPVワクチンは推奨されていませんが、どのワクチンにも副作用があるためHPVワクチンの接種を推奨する医師もいます。

いずれにせよ自己判断は危険ですので、HPVワクチンの接種を検討する場合は、担当の医師に相談しましょう。

 

「コンドーム着用のAV」または「本番なしのAV」にだけ出演する

コンドーム着用のAVにだけ出演することで、子宮ガンや性病のリスクを軽減できます。また、働き方によっては、本番なしで出演することも可能です。

 

セックスの時は精器を洗浄する

AV出演だけでなくプライベートのセックスの時でも、衛生面に気をつけてください。セックスの前と後で、自身の女性器だけでなくパートナーの男性器も洗浄するといいでしょう。

 

無理のないスケジュールで働く

免疫力の低下は、ガンや性病などの病気への感染リスクが高まります。そのため、女優さんは日頃から体調管理を心がけるべきでしょう。

無理のないスケジュールを組む、撮影日に合わせて体調管理をするなどを心がけてください。また生理中は免疫力が低下するので、自身の生理の周期をスタッフへ事前に伝えておきましょう。

 

▽免疫力を上げる方法▽

誰でも・簡単・すぐできる「免疫力アップ」6つの法|president online

 

まとめ

これからAVに出演する女性の不安や、病気へのリスクを緩和する上で、当記事を活用していただけたら幸いです。

出演に対して不安がある場合は、お気軽に当プロダクションへ相談していただけたらと思います。

  • この記事を書いた人

ユウリ

【アナザープロ webマーケティング・ライティング担当】 1990年、神奈川県横浜市生まれ。青山学院大学 物理数理学科 卒業。主に法律、脱毛、金融のメディアのライティング・運用を経て、アナザープロのwebマーケティング担当に至る。

-病気

Copyright© Another Pro , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

体験撮影可、募集地域 (北海道〜沖縄まで)

高ギャラ(30万円〜/日)
容姿基準 低
顔バレリスク 低
絡み 無し