AV女優募集|年齢・容姿・住まいは問わないAVプロダクション

Another Promotion

                   

AV女優と知的障害の関係|知的障害者と言われるAV女優の誤解と業界の真実

出演リスク

更新日:

「知的障害疑惑があるAV女優は?」「AV女優は結局のところみんな知的障害だ」などというテーマでインターネット上で盛り上がっているのを見かけますが、実際のところはどうなのでしょうか?

今回は「AVと知的障害」という、業界のタブーでもあるこのテーマに切り込んでいきたいと思います

AV女優の中には知的障害者がいてもおかしくない

風船

結論からお伝えすると、AV女優の中に知的障害を持つ方がいても不思議ではありません。具体的には、どのようなケースで出演しているのでしょうか。一緒に確認していきましょう。

 

昔のAVに出演しているかもしれないケース

今から10年ほど前はAV制作会社が「AV撮影のため」という名目でAV女優や素人モデルを強姦致傷事件を起こしたり、素人が実際に女性をレイプした映像をAV制作会社に売り込んでいたりと、今ほどアダルト業界に規制がかかってはいませんでした

正確に言うと、“規制はあったものの一部無法地帯と化していた”といったほうが正しいでしょうか。そんな状態で撮影していたのですから、訳もわからないまま出演させられてしまった女性や知的障害の女性もいたかもしれません。

 

被害を訴えることができないケースも…

知的障害のレベルにもよりますが、ものの善し悪しを自分で判断できないほど重い障害の場合は、強引にAV撮影をされていても、恐怖や不安を感じることさえできないでしょう。

されるがままの状態では、事後に“訴える”という行動を取れる人は少ないかもしれません。このケースの場合、例え事件であっても表面化する可能性は限りなく0に近いでしょう。

 

今のAV業界は女優さんを第一に考えた体制

もちろん、これはたらればの話ですし、今のAV業界はかなり規制が厳しいため、女性の同意を得ない状態でAV制作を行っているプロダクションはほとんどありません。

 

AV出演後に知的障害になったかもしれないケース

看病

AV出演時には健常者だったにも関わらず、何らかのトラブルによって後天的に知的障害者になったことにより“知的障害者のAV女優”という評価を受けるようになったケースもあるでしょう。

例えば、熱中症や自殺未遂や交通事故などにより脳が損傷を受けてしまった場合、後遺症がのこることは決してありえない話ではありません。

 

事実は表面化しづらい

後天的に知的障害者となった場合でも、その後の発言や行動が原因で“AV出演時から障害があった”ととられてしまう可能性はあります。

あくまでも可能性の話です。“知的障害かどうか”はAV業界だけでなくメディア業界ではかなりヘビーな話なので、表面化しにくいというのが実状です。

 

AVに出ている=頭が悪い=知的障害者という謎の方程式

海

AV女優は今でこそメジャーな職業になりつつありますが、「変わり者」という目で見る方は少なくありません。自分がセックスをしている姿を公開するわけですから、確かに“少数派”ではあります。

そして少数派というだけで多数派に「考えていることが(頭が)おかしい」と捉えられ、果ては「知的障害者」などという言葉を投げかけられる始末です。

 

偏見によって知的障害のレッテルを貼られることも

多数派が少数派の意見や価値観を否定する行為は、AV業界に限らずどんな場面においてもいつの時代にもあることです。

『AVに出ているから、知的障害者だ。』

この謎の方程式は、真実とは無関係に“多数派”に勝手に作られたものにすぎませんし、単なるバッシングでしかありません。そしてこの行為は、AV女優はもちろん、実際に障害を持っている方をひどく蔑(さげす)む行為に他ならないのです。

 

現在はさまざまなタイプのAV女優が在籍

例えば、有名大学出身者・作家活動をしている人、勉強が苦手な人、出産後に活動を続けている人もいます。

一人ひとりが個性の塊であると認識すべきであって、裏付けも取れていないのに「知的障害者」などというワードを出すべきではありません。

 

AV出演を考えている女性へ、当プロダクション担当者が直接相談をお伺いしています。センシティブな問題もあなたの立場に寄り添ってサポートしますので、安心してお問合せください。

 

優良AVプロダクションで知的障害者を起用しない理由

調べる

AV女優になるまでにプロダクションとの面接や話し合いがあるのですが、このタイミングで知的障害を持っていることがわかれば、面接官はまず採用をしません

悪徳プロダクションであれば「騙しやすい」と考えて都合よく利用しようとするかもしれませんが、優良プロダクションはまず、間違いなく不採用です

 

本人の意思で応募しているのか判断できない

なぜなら知的障害という病気の特性上、採用する段階で100%意思疎通を図れないため「AV女優になりたい」という意思が本当に本人のものであるか確認しづらいからです。

AV女優はプロダクションの『顔』であり、商品そのものです。そのため、契約上のルールは絶対に守らなくてはなりませんし、後々の不手際やトラブルは絶対に避けなければなりません。 

 

クリーンな運営に勤めている

下手したら本人やその周囲からプロダクションが訴えられてしまうリスクもあります。優良プロダクションほど慎重な選択をするのです。

 

まとめ

AVと知的障害者の関係についてまとめた今回の記事はいかがだったでしょうか。まとめると、

  • AV女優の中には知的障害を持った人が“いないとも限らない”
  • ネット上で「知的障害」と叩かれているAV女優の大半は知的障害ではない
  • 優良プロダクションほどAV女優の採用は慎重に行う

ということになります。なかなかヘビーなテーマでしたが、これを機にAV業界に対する誤解が少しでもなくなれば幸いです。

  • この記事を書いた人

ユウリ

【アナザープロ webマーケティング・ライティング担当】 1990年、神奈川県横浜市生まれ。青山学院大学 物理数理学科 卒業。主に法律、脱毛、金融のメディアのライティング・運用を経て、アナザープロのwebマーケティング担当に至る。

-出演リスク

Copyright© Another Promotion , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.